フラワーコミックス

フラワーコミックスとは、小学館から発売されている少女マンガとレディースコミックの単行本レーベルの事。


またフラワーコミックスは、5年ほど前から、雑誌別に
・少コミ フラワーコミックス
・ベツコミ フラワーコミックス
・Cheese! フラワーコミックス
・プチコミ フラワーコミックス
・Flowers フラワーコミックス   に分かれています。


また、4コマ漫画作品なんかは、
『フラワーコミックス スペシャル』 として、
新書版以外の版型で出されているものもあります。


フラワーコミックスは、元々、少女マンガの『Cheese!』や
『ベツコミ』、『少女コミック』と、
レディースコミック誌の『プチコミック』や『Flowers』で
発表された作品が収録されているので、かつては、
全部、フラワーコミックスの同一ロゴでした。


そんなフラワーコミックスですから、有名な作品も数多く
出されていますね。


もう、何十年も、フラワーコミックスにお世話になっている方、
結構多いのではないでしょうか?

フラワーコミックスの最初と最近

フラワーコミックスに、もう何十年もお世話になっている方って
結構多いのではないでしょうか。


私も何を隠そう、フラワーコミックスと何十年もお付き合いさせて頂いている1人です。


ところで、フラワーコミックスの一番最初のマンガって何だか
ご存知ですか?


1974年(昭和49年)からの作品、『ポーの一族』だそうです。


あの、吸血鬼の一族のお話しですよね?!


エッ?知りません??

私の歳がバレてしまいました。。。(爆)



そう考えると私は、フラワーコミックスの創刊当初から、
フラワーコミックスにお世話になっている事になるんですね。


モチロン今も、娘と共に、フラワーコミックスにお世話に
なっています。。。


最近では、フラワーコミックスから出た、『砂時計』が一番
好きですね。


私と娘の感じているところは、多分、違うと思いますが
2人で楽しんでいます。


私は、自分が少女に戻ったような気持ちで、漫画と昼ドラの
砂時計にハマってしまいました。(笑)


フラワーコミックスの作品にはそれぞれ、私の思い出と
人生が入っています。


なので、フラワーコミックスは、いつまで経っても
放せない存在なのです。。。

フラワーコミックスの最長作品とマーク

フラワーコミックスと自分の人生がダブる方って結構多いのでは
ないでしょうか。。。


そんな歴史あるフラワーコミックスの中で、最長作品って、
何だと思います?


コレは、1995年から2002年まで続いた
『天は赤い河のほとり』で、全28巻にもなるんですって。


スゴイですね。。。


また、フラワーコミックスの背表紙のマークって、赤地に
白抜きで、『fc』と書いてありますよね?!


その『c』の中は基本的には花のマークになっているんですけど
作品によっては、違うマークになってたりするんですって。。。


フラワーコミックスを調べていた時、ウィキペディアさんで
読みました。


そんなところまで、気付きませんでしたよ。私は。。。


とにかく、これからも、フラワーコミックスから出される作品は
読み続けて行こうと思っています。


私の人生の娯楽の1つとしてフラワーコミックスは、
切っても切れない存在になっていますからね。


そして私もフラワーコミックスからいつまでも乙女心を
もらい続けていたいですね。。。


意外とフラワーコミックスは、女性が若くいる秘訣の1つに
なるかもですね。(笑)